Jun Kawabata

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 宇宙に散った無名のパイロットに捧げるラプソディー。 美しい旋律と異形のアンビバレントな世界。ECM系静寂感。心の奥の遺伝子を覚醒させるざわめきと失踪のサウンド。3部作ファイナル。 このアルバムはこれから作る東京をテーマにした失踪系、B級SF映画のための前段階的サントラ。『静かな太陽を探す』物語である。世の中は哀しく、ヤバイ雰囲気になってきた。2011年3月11日以降、東京に降り注いだ放射能はどうなっているんだろう?あの時から僕たちはいろいろと学んだ。この国はアメリカに依然と支配され、テレビ、マスコミは何を言っているかわからないし頼りにならない。真実は自分で探さなければならない。そして、世界はおかしくなり地球の自転は狂ってきた。ロシアはソヴィエトにもどり、テロはあちこちで起き、中東は戦争。歯止めの効かない難民は増え続ける。70年代、ウォーというバンドが『世界はゲットーだ』と歌ったが、今、そんな時代になりそうだ。アルバムはそんなことを考えながら作った。サウンドはピアノを中心にムーグ、メロトロン、ギター、ヴォイスを入れて世界観を演出した。 是非、聴いていただければ幸いである。- Jun Kawabata - 【収録内容】 01. Stare at the Sea 02. Fordidden Territory 03. Quiet Sun 04. So far Ⅱ 05. Berlin 06. Invisible Flower 07. Sorrento 08. The King does not Laugh Ⅲ 09. Sweet Nothing 10. Island 11. Looking for an Angel

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 類家心平や喜多直毅といった人気ミュージシャン参加の注目作! 実力派豪華ゲストにより実現した、現存するジャズミュージックを昇華させ、美しい旋律と怪しげな世界まで展開する、静謐なECM感漂う挑戦的作品。 これまで数々のタイトルを発表してきたJun Kawabataが、今作で豪華ミュージシャンとの共演を果たす。若手注目トランぺッター類家心平から、ベテランギタリストの内海利勝(ex.キャロル)まで、各方面で活躍するミュージシャンが参加。 8曲目の類家心平、喜多直毅というありそうでなかった組み合わせによって創り出した独特の世界観。11曲目には荒巻茂生、竹内直、本田珠也、ストリングスによる、美と暴力の突き抜けた爽快感漂う曲など、これまでのジャズにはなかった、最初から最後の1曲まで様々な可能性を垣間みる怒濤の12曲。 【参加ミュージシャン】 類家心平 : Trumpet (2,6,8) 喜多直毅 : Violin (3,8) 井上JUJU博之 : Soprano Sax Alto Sax Flute (4,9,11) 荒巻茂生 : Double Bass (5,7,11) 本田珠也 : Drums (5,7,11) 竹内直 : Tenor Sax Flute (7,11) 内海利勝 : Acoustic Guitar (7) 万琳はるえ : Vocal & Words (7) バヤラト : Morin Khuur (馬頭琴) (1) 薄井信介 : Cello (7,9,11) 田島華乃 : Violin.Viola (9,11) 【収録内容】 01. Scenery・・・・・・・・・・情景 02. Cloud・・・・・・・・・・・流れる雲 03. amour after the rain ・・・ 雨上がりの情事 04. Espinho・・・・・・・・・・エスピーニョの祭り 05. Rugen ・・・・・・・・・・ 半島の冬 06. Omen・・・・・・・・・・・予知 07. Still Alive ・・・・・・・・・おぼろげな記憶 08. incantation ・・・・・・・・呪文 09. Requiem・・・・・・・・・・レクイエム 10. Saint Jen de Luz・・・・・・海辺の宿 11. IBIZA into the Sky・・・・・イビサ 12. Choir ・・・・・・・・・・・ クワイヤー 【リンク】 http://www.airplanelabel.com/reincarnation/index.html

  • ¥ 1,650 SOLD OUT
  • 【商品内容】 死と再生の絶え間のない往還!!故郷との繋がりを失った男による孤高のストーリー。湾岸戦争とバブルの記憶なのか.... 湾岸戦争が始まった時、僕はスペインのフイゲレスという小さな町にいて誰もいないホテルのレストランでイカ墨のリゾットを食べていた。古い調度品と豪華なシャンデリアがあり、しんとしたレストランの壁にはピンとヒゲのはったダリの写真と数枚のサイン入りの絵が飾られていた。小さなロビーには数人の客が集まりじっと皆、テレビを見つめていた。ミドリ色の画面に白い尾をひいたスカッドミサイルが飛んでいった。まるで、花火みたいだなと思った。部屋にもどり、テレビをつけると女のアナウンンサーが必死な顔で話している。違うチャンネルではポルノをやっている。更に違うチャンネルにまわすと何処かの国の大洪水の状況が映し出される。僕はその時、ビールを飲みながらベッドで横になりながらそれらを眺めていた。 ※この商品は CD-R 仕様となります。 【プロフィール】 - Jun Kawabata (川端 潤) - 東京都出身。作曲家、写真家、音楽プロデューサー、映画プロデューサー。アフリカの自然、ヨーロッパの雑踏、駅やBAR、カフェに魅かれ、旅をしながら写真や音楽を始める。1997年、ジャズ、ブルースロック、ノイズ、実験音楽にスポットをあてた音楽レーベルの『AIRPLANE LABEL』を創設。現在までに40枚以上のアルバムをプロデュースしている。1999年に 写真集『Absolute Elsewhere』を発表。2002年には2作目の写真集『No Matter Where You Go』を発表。近年は木村威夫監督作品『黄金花』のプロデュース、音楽も務める。 【収録内容】 01. Red Light 02. First Day 03. Ole 04. Airport 05. Garden 06. KI ga yureta 07. Odd Desperate Hours 08. Everything Seems Like a Movie 09. Frankfurt HBF 10. ZAwameki 11. Internal Affairs 12. Ta i ki 13. Danger Party 14. Espinho 15. DAremo kiduka nai 【リンク】 http://www.so-far.jp/

  • ¥ 1,650 SOLD OUT
  • 【商品内容】 安宅秀紀、目黒多加志、川端潤のトリオによる電子音響。 ラップトップ、エフェクター、ギター、ムーグシンセ等を使用、 暖かみのある音色にロマンチシズムが交差する。 アコスティクな響きを持つエレクトロニックで実験的な試みの スイートアバンギャルドサウンド。 こわれたリズムが浮遊する。ライブは客を楽しまそうとするあくまでも ハリウッド的な構成をするストーリーテラーだ。 ※この商品は CD-R 仕様となります。 【収録内容】 01. Empty 02. Arrhythmia 03. Cementv 04. Lost Connexion 05. Dock

  • ¥ 1,650
  • 【商品内容】 映画音楽等で活躍するjun kawabataのこれまでの歩みを知ってもらうのにはうってつけの1枚。 この1枚から自分探しの旅がはじまる.... 既リリースのタイトルからセレクトされた"Airplane label" を物語る1枚。 【プロフィール】 - Jun Kawabata (川端潤) - 東京都出身。作曲家、写真家、音楽プロデューサー、映画プロデューサー。アフリカの自然、ヨーロッパの雑踏、駅やBAR、カフェに魅かれ旅をしながら写真や音楽を始める。1997年、ジャズ、ブルースロックノイズ、実験音楽にスポットをあてた音楽レーベルの『AIRPLANE LABEL』を創設。現在までに40枚以上のアルバムをプロデュースしている。1999年に 写真集『Absolute Elsewhere』を発表。2002年には2作目の写真集『No Matter Where You Go』を発表。近年は木村威夫監督作品『黄金花』のプロデュース、音楽も務める。 【収録内容】 01. Paris Decadence 02. Go Home 03. Tel Message 04. Heaven 05. Paris Night 06. Road to Nowhere 07. The last Seaside 08. Airplane 09. Paris Sexual Dependency 【リンク】 http://www.so-far.jp/

  • ¥ 3,080
  • 【商品内容】 フィールドレコーディングしたサウンドをラップトップに取り込み再構築。リズボンの街角で拡声器を持ち演説している狂信的な宗教男を収録。 ダウナー系インストルメンタル。フィールドレコーディングしたサウンドをラップトップに取り込み再構築。 サンプリング音をエフェクターでいじくり、キャラを変化させ重低音サウンドやリズムを作ったループの上に、リズボンの街角で拡声器を持ち演説している狂信的な宗教男の声が怪しくのっている。 ほぼ、自然音より作られた実験作。ラストは、サックスをフィーチャーしたダウナー系インストルメンタル。 【収録内容】 01. Lunatic Lisboa 02. tel Message 03. XXX 04. The last Seaside 05. Hogisis Sumossai II 06. Hidden 07. Paris Metro 08. Milano 09. Invisible City 10. Fried Chicken Rhapsody 11. Paris Sexual Dependency 【リンク】 http://www.so-far.jp/

  • ¥ 3,080
  • 【商品内容】 録音機とマイクによる旅の情景を記録。トラックドライバーたちのあつまるカフェのざわめき、リスボンのうらぶれた空港、エロ映画館横の安食堂、フィールドレコーディングのみの旅の記憶。 フィールドレコーディングだけで形成された音楽。 このアルバムは旅の情景を記録したもの。録音機とマイクによるすべてフィールドレコーディング。究極の音楽作品だと思っている。トラックドライバーたちのあつまるカフェのざわめき、 リスボンのうらぶれた空港、ドイツのクリスマス、石畳を走る車。エロ映画館横の安食堂に、アコーディオンを弾きながら入ってきたジプシーの女の子。すべて本当のこと。 【収録内容】 01. AIRPORT / PARIS 02. EX2 / 歩く 03. エロ映画館横の安食堂 / LISBOA 04. フライブルグの鐘 05. KAKUAGEN NOSIASH 06. TO BORDAUX 07. テレメッセージ / PARIS 08. 盲目のピアニカ吹き / LISBOA 09. BAR / SAN SEBASTIAN 10. 街のコーラス隊 / MARBURG 11. 雪の石畳を走る車 / DINKELSBUHL 12. HOGISISS SUMOSSAI 13. 大道芸人 (タバコ喰い男)/ LYON 14. クリスマスマーケット / NURNBERG1987 15. トラックドライバーカフェ / ルマン周辺 16. MADRID / '94.12/31 HAPPY NEW YEAR 17. PRUSAYANO PAR 18. ノーサ・デ・セニョーラの祭り / ESPINHO 19. ON THE ROAD/ ピレネーに向かって 20. ELECTORIC FARM 21. キャンプ場の朝 / ルマン近く 22. サヨナラ飛行機 23. AIRPORT / LISBOA 24. 宗教男 / LISBOA 25. GRAY SKY 26. FRANKFURT HBF 27. TARCOMN 28. クリスマスマーケット / AUGSBURG 29. HANDOKU DO SEANI 【リンク】 http://www.so-far.jp/

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 よりロック色を強めて帰ってきたjun kawabataのオリジナル・アルバム。ジャズ界で縦横無尽の活躍をみせる本田珠也のドラムスが炸裂する極限の音塊。 プログレを彷彿とさせるロックな雰囲気スイングジャーナル誌人気投票ナンバー1のウッドベーシスト荒巻茂生、ピアニスト菊地雅章のアルバムに参加したドラムの本田珠也、スザンヌベガ、ケイトブッシュを彷佛させるボーカルの万琳はるえ、など豪華なゲストを迎えてのアルバム。 【プロフィール】 - Jun Kawabata (川端潤) - 東京都出身。作曲家、写真家、音楽プロデューサー、映画プロデューサー。アフリカの自然、ヨーロッパの雑踏、駅やBAR、カフェに魅かれ旅をしながら写真や音楽を始める。1997年、ジャズ、ブルースロック、ノイズ、実験音楽にスポットをあてた音楽レーベルの『AIRPLANE LABEL』を創設。現在までに40枚以上のアルバムをプロデュースしている。1999年に 写真集『Absolute Elsewhere』を発表。2002年には2作目の写真集『No Matter Where You Go』を発表。近年は木村威夫監督作品『黄金花』のプロデュース、音楽も務める。 【収録内容】 01. TAXI LISBOA 02. RED 03. BLUE 04. EQUINOX 05. ATMOSPHERE 06. PLASTIC ROSES COVERED WITH DUST 07. AIRPLANE 08. SUBWAY STATION 09. LAST CHANCE CAFÉ 【リンク】 http://www.so-far.jp/

  • ¥ 3,080
  • 【商品内容】 夢幻に彷徨う魂の自分探しの旅へ。70年代、プログレッシブ・ロックに夢中になった少年が辿り着いた限界の桃源郷。ここではないどこかへ! 夢幻に彷徨う魂の原点回帰 眼を閉じる。ここはいったい何処なんだろう?たどり着いたものの行き先もわからない。でももうそんなことどうでもいい。ひたすら歩き続け、彷徨う。原点回帰への旅。 【プロフィール】 - Jun Kawabata (川端潤) - 東京都出身。作曲家、写真家、音楽プロデューサー、映画プロデューサー。アフリカの自然、ヨーロッパの雑踏、駅やBAR、カフェに魅かれ、旅をしながら写真や音楽を始める。1997年、ジャズ、ブルースロック、ノイズ、実験音楽にスポットをあてた音楽レーベルの『AIRPLANE LABEL』を創設。現在までに40枚以上のアルバムをプロデュースしている。1999年に 写真集『Absolute Elsewhere』を発表。2002年には2作目の写真集『No Matter Where You Go』を発表。近年は木村威夫監督作品『黄金花』のプロデュース、音楽も務める。 【収録内容】 01. On the Road 02. Drive In The Rain 03. Road to Nowhere 04. Heaven 05. Landscape Of Life 06. Paris Sexual Dependency 07. The Last Sanctuary 08. Landscape Of Life II 09. Wind 10. You angel you 11. Road to Nowhere- epilogue 【リンク】 http://www.so-far.jp/

  • ¥ 3,080
  • 【商品内容】 ミミザンの切なくけだるい海、あやうげなフランクフルトの娼婦宿、パリの夜更けの路地裏…。 豊富なビジュアルイメージを喚起するヨーロッパの薫り漂う退廃的な1枚。 ヨーロッパの薫り漂う退廃的な作品、ジャケットからも嗅ぎ取っていただけるだろうか。ムンムン漂う妖しさのインストゥルメンタル。ミミザンの切なくけだるい海、あやうげなフランクフルトの娼婦宿。パリ、夜更けの路地裏…。次々に映像が浮かんでくる。まるで映画でも観ているような錯覚。静寂の中から"GO HOME"のヴォーカルが囁きかける。スペシャルゲストMooneyの言葉ではうまく表現出来ない、なんとも色気のあるハートフルヴォイス。Absolute Elsewhere の空間で、うっとりと眠りにつけるだろう。 【収録内容】 01. AIRPORT 02. MIMIZAN 03. PARIS DECADENCE 04. MADRID 05. ZURICH 06. TO SWITZERLAND 07. PARIS NIGHT 08. WEST END / PORTUGAL 09. FRANKFURT HBF 10. WINTER SCENE 11. GERMAN WINTER 12. ROTHENBURG CHRISTMAS 13. GRAY SKY 14. GO HOME 【リンク】 http://www.so-far.jp/