ミャンマー伝統音楽

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 伴奏の概念を覆す奇想天外な転調、独特なメロディや音階のある太鼓に様々な音が重なるミャンマー音楽。 ☆★☆当ショップ限定、映画マンダレースターサウンドトラックCD付き!!!☆★☆ 今作はドキュメンタリー映画「マンダレースター」と連動させた、ミャンマーで出会った音楽一座を現地録音した民族音楽CDとなっている。 ポウン二ェッピューという女の子が中心となって、ミャンマーのマンダレーを中心に旅回りをしているサインワインオーケストラの一座。その旅回りの合間に録音、撮影し、その風景や暮らしなどを取材して録音された、現地の音を完全パッケージしたCDに仕上がった。 ミャンマーの音楽文化は、鎖国されていた背景もあり独自の進化を遂げ、東南アジア諸国とも、西洋音楽とも全く毛色が違う、非常に興味深い音楽を作りあげている。 サインワインオーケストラとは、21個の音階があるサインワインというミャンマー特有の楽器で、太鼓の表面に粘土を貼り、響きを変えてチューニングをする珍しい楽器が中心となったオーケストラ。 伴奏の概念がないミャンマーの民族音楽では、歌に被せるように、笛やシンバル、鈴、太鼓などの楽器を10人程の編成で演奏する。 独特な響きや音階や、縦横無尽なメロディに大胆なリズムを纏った民族音楽。涼を感じられるような音色も、夏に聴くとより現地の空気感を感じられる内容となっている。 【収録内容】 01. すべての命あるものに 02. 雲のメッセンジャー 03. 呼ばれたならば、雲のうえまで 04. 善き心を飾りましょう 05. ポウンニェッピューのような小さなフクロウ 06. 善きお告げの予兆 07. 主催・貴賓 08. 友好を望む 【リンク】 https://www.airplanelabel.com/mandalaystar/index.html

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 ミャンマー伝統楽器の花形、サインワインの神秘的な独奏CD!! レーベル直販限定特典DVD付き!! ミャンマー国内でも珍しいサインワイン独奏を、現地の空気感まで余す所なく収めたBeauty of TraditionシリーズCD第三弾が早くも登場!! 今年6月に映画化、翌月には第二弾CDを発表し、ワールドミュージックファンや、ピーター・バラカン氏をも唸らせた、ミャンマー伝統音楽を現地録音して完成したBeauty of TraditionシリーズCD第三弾。 今作品ではミャンマー伝統音楽の主役と言っても過言ではない、サインワインという太鼓をフィーチャーした作品。 音階を持つ大小の太鼓を合わせたサインワインは、神秘的かつ不思議な響きを持ち、独自の進化を遂げた楽器である。 また、ミャンマーでは歌に合わせて演奏する為、本来サインワインでの独奏はほとんど存在しておらず、ミャンマー国内でも非常に珍しい、貴重な音源が完成。 このCDでしか聴けない貴重なサインワインをぜひご堪能ください! 今作品も前回同様、大阪大学大学院言語文化研究科 井上さゆり准教授に、全9曲の解説をそれぞれの楽曲のジャンル、制作年代、内容等を分かりやすく学術的に解説をして頂いております。 【収録内容】 01. タンヨー調律種による技巧披露曲、マンタウンレッヤー~マンダレー王都の美しさを詠んだ古典歌謡 02. テーダッ(重畳歌) 03. コナタンジーによる技巧披露曲 04. トゥエドゥエサンザン~森の美しさを詠んだ古典歌謡 05. テーダッ(重畳歌) 06. サヤー・トウェによる昔の技巧披露曲 07. テーボウンマー~輪廻と涅槃への道を説く古典形式の近代歌謡 08. 技巧披露曲~ドリーム・メロディー 09. ピャウンビャウンナーゲイン~国王の勇敢で強い象を詠んだ古典歌謡

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 前作で大反響を呼んだ話題の民族音楽CD第二弾!! 昨年発売した前作のBeauty of Traditionでは多大な反響を呼んだ、ミャンマー民族音楽を現地録音して完成 したCD第二弾が早くも登場! 今作品では女性歌手をフィーチャーした内容で構成しており、Music of Buddha(仏教の音楽)を掘り下げて制作した作品である。 ミャンマー独特のリズムや旋律に、サインワインオーケストラが奏でる音楽は、どことなく沖縄民謡にも少し似た様な感覚を覚える旋律を、現地ミャンマーの女性歌手が歌っている。 今作品には鍵盤も一緒に演奏しており、前作よりも非常に効き易い内容に仕上がっている。曲調、音色が涼しげな印象を与える、これからの季節に似合う作品ができあがりました! 2015年6月27日からは、ミャンマーでのCDレコーディング風景を、ドキュメンタリー映像にした映画も公開決定。 以下、大阪大学大学院言語文化研究科井上さゆり准教授解説文 本アルバムは、19世紀の古典歌謡から20世紀前半の近代歌謡まで、仏陀を讃える曲など仏教に関係のあるミャンマーの歌謡作品を集めたものです。ミャンマーで信仰される上座仏教では歌舞音曲を戒律で禁じており僧侶は音楽等に関わりません。しかし一般の信者は、仏塔祭や得度式に先立つ音楽ショーなどで演奏される音楽を楽しみます。アルバム2曲目の「トゥーマチャーナー」は 仏陀の威徳を讃えた古典歌謡として名高く広く親しまれている曲です。その他、例えば1曲目と6曲目、7曲目、8曲目など、19世紀末から20世紀に活躍した著名な音楽家であるウー・ピョウンチョーやナンドーシェ・サヤー・ティンらの作品も、多くの音楽家に今でも好んで演奏される曲です。アルバムの各曲は、竪琴、竹琴、サインワインと呼ばれる打楽器、チャルメラや縦笛、そしてミャンマー音楽に取り込まれているピアノと共に演奏されています。それら楽器の音色も共に味わえるアルバムとなっています。仏教に関する歌謡を集めたアルバムは珍しく、ミャンマー音楽の資料としても大変興味深いものとなっております。歌い手のドー・カ インズィンシュエはビルマを代表する歌手のひとりです。軽やかな歌声が特徴の実力派で、古典から現代まで幅広いレパートリーを持ちます。90年代に新設されたミャンマー初の芸術系大学であるヤンゴン国立文化芸術大学で音楽を学んだ第一世代で、卒業後は同大学で教鞭を取り後進の育成にあたるとともに、演奏活動を行っています。 【収録内容】 01. スウェドー(インストゥルメンタル) 02. トゥーマチャーナー 03. アウンジンシッパー 04. ヤトーダヤー 05. ルガバーヤンマンエーバーゼー 06. スウェドー(歌入り) 07. ゼーヤトゥ・タッバ・ミンガラー 08. テーボウンマ、バワタンタヤー 09. ヤダナー・トウンバー・チェーズーゴウン 【リンク】 https://www.airplanelabel.com/myanmar/

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 ミャンマー音楽入門編!ミャンマー伝統音楽による200年前のラブソング。 バングラディッシュ、インド、中国、ラオス、タイの5ヶ国に囲まれたミャンマーの、18世紀より続く伝統音楽。40日かけ11グループの演奏により録音した100曲の中から、今回12曲をセレクト。サインワインを中心に、ビルマ竪琴や太鼓、歌などによる不思議なオーケストラやソロ演奏。 ミャンマー200年前の、古くも新しいラブソングに想いを馳せてみては... 【収録内容】 01. パッワインの独奏~コナタンジーによる演奏 02. ベインバウン~フネーがリードする、サインワイン楽団の演奏 03. ヤトーダヤー~仏教的内容の古典歌謡 04. パントゥエラー~堅琴と聴く、モン族歌謡 05. スウェドー~仏歯を描写した古典歌謡 06. 人生の虚しさを詠んだテーダッ~パッタラーの独奏 07. ドーバッで演奏される民謡 08. トゥリンフリャンレッ~女性が愛を伝える古典歌謡 09. ミャンマギリ~ドウンミン、マンドリン、パルウェーの合奏 10. ナッ(精霊)、ミンピューシンを招く歌~ナッ信仰の音楽 11. ダビェーピンウン~パッタラーの独奏 12. 新しい時代のサインワイン~現代的な編曲のサインワイン楽団の演奏 【リスト】 http://www.airplanelabel.com/myanmar/index.html