長洲辰三

  • ¥ 2,200
  • 【商品内容】 路地裏のバンドマンは、今日もどこかでギターを鳴らす。長洲辰三、初のソロ作はキャリアを総括するベスト級EP!! 40年以上のキャリアを誇る日本音楽界の生き字引、長洲辰三の総決算。自身のキャリアの始まり、宇崎竜童氏の幻の曲「あゝ今」からはじまる、盟友達のカヴァー、新曲を含む全7曲。初のソロ作となる今作は、ほぼ全ての演奏を自身でこなしており、ライブ漬けの日々を送り続ける生き様がブルースやロックという音楽に昇華された力作。 彼は、今日も何処かでギターを鳴らしている。 【収録内容】 01. あゝ今! 02. Hey 横浜 03. 街 04. 冷たい風 05. Most Cloudy 06. Workman’s Blues 07. 陽だまり 【リンク】 https://tatsumi-nagasu.com/

  • ¥ 2,200
  • 【商品内容】 レジェンド達による馬鹿騒ぎライブを完全パッケージした新作!! 新井武士や内海利勝、長洲辰三、松本照夫の4人からなるBACABACCA最新盤!! 某所で行われたBACABACCAライブ盤が到着!! 既存の曲はもとより、ブルースの名曲も散りばめた、BACABACCAの生ライブを感じられる一枚。 40年以上のキャリアを誇るレジェンド達が時に笑い、時に酔っぱらい、時に熟練の演奏を見せる馬鹿騒ぎライブ!そしてバンマス長洲辰三のセルフライナー付き!こちらも必読! 前作「喜怒哀楽」から、ライブでも大人気曲「BANDMAN」からはじまり、新井武士節が炸裂しら痛快ナンバー「OYAZIAN DREAM」。コミカルな言葉遣いやコーラスワーク、メンバーそれぞれの色を感じられる「CAMO」。「Only My Song」では、内海、長洲のツインギターがドラマチックに演出。 BACABACCAの様々な表情を堪能できる、フルボリューム全12曲。 現メンバーにできる全てを閉じ込めた、「馬鹿騒ぎライブ!!」。読み応えのある特別ライナーを読みながら、ぜひご堪能ください! 【BACABACCA】 長洲辰三 : Guitar / Vocal 内海利勝 : Guitar / Vocal 新井武士 : Bass / Vocal 松本照夫 : Drum / Vocal 【収録内容】 01. BANDMAN 02. OYAZIAN DREAM 03. Rainy Day 04. Get out of my life woman 05. Baby,Please don't go 06. I just can't leave your love alone 07. My babe 08. Only My Song 09. Lazy Afternoon 10. CAMO 11. Rckin' Dream 12. 黄昏の街 【リンク】 http://www.baca-bacca.com/

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 キャロル、ダウンタウンブギウギバンド、宇崎竜童バンド、West Road Blues Bandのメンバーが集結したスーパーバンド!ファン待望の流通初作! キャロルやダウンタウンブギウギバンド等、 もはや伝説となっているバンドで活躍していたメンバーが集結したスーパーバンド、BACABACCA! 全員還暦を迎えてもなお爆進中のまさに完熟、流通初作品!各々の年間ライブ本数は未だに200本以上で、BACABACCAとしても全国を練り歩き各地で大好評、満を持してのリリースです!! 本作はメンバーそれぞれがボーカルをとっている珍しい内容となっており、これが絶妙なまとまりをみせているのもメンバーの40年にも渡るキャリアによる熟練の技。アルバムタイトル「喜怒哀楽」の通り四人が冠した字を巧みに曲で表現し、キャリアの集大成のようなアルバムに仕上がっている半面、更に進化していくであろう意欲にも満ちた内容となっております。 どれも心地よさからあっという間に聞き終えてしまう全編オリジナル、衰え知らずの意欲作です! 【メンバー】 内海利勝(ex. CAROL)Gt & Vo 新井武士(ex. ダウンタウンブギウギバンド)Ba & Vo 長洲辰三(ex. 宇崎竜童バンド)Gt & Vo 松本照夫(ex. WEST ROAD BLUES BAND)Dr & Vo 【収録内容】 01. カンサツシテ~! 02. バンドマン 03. Rainy Day 04. Parallel Blues 05. Ah, Matter Ah, More 06. Only My Song 07. Lazy Afternoon 08. 君が欲しいなら 09. Road to Nowhere 10. Gi-in Gi-in 11. Nageki 2 【リンク】 http://www.baca-bacca.com/

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 宇崎竜童、原田芳雄等のバックバンドで名を馳せた『長洲辰三』がリーダーのロックバンド。 宇崎竜童の名曲『無風地帯』も収録。ジェントリーでヴィヴィッドな声色で渋く聞かせる大人のロック。 聴き終えて俺は胸が熱くなった - 宇崎竜童 - LOUSYは宇崎竜童、原田芳雄、内海利勝等との活動で知られ、長年に渡るキャリアを誇るギタリスト、ヴォーカリストの長洲辰三がリーダーのロックバンド。 メンバーはキングトーンズの寺本修(Dr)の他、大杉漣のライブサポートなどでも活躍する村上-icha-功(B)大沢博美 & THE BOOGIE BROTHERSのバンドメンバーに参加した吉川寛(G)の4人。結成から5年半、満を持して放つ待望のファーストアルバムが遂に完成。 宇崎竜童の名曲『無風地帯』では、スピリチュアルなブルースを感じさせるロックナンバーを聞かせ、夕焼け楽団のギタリスト藤田洋介の『Summer Rain』では爽やかな夏の夕暮れを思わせる ポップナンバーを軽やかに演奏する。オリジナル曲『You're Only One』ではタイトなリズムとカッティングギターで大人のグルーヴを演出。その他にも内海利勝の隠れた名曲『街はずぶぬれ』も収録している。そして、松田優作の映画の様な波止場のロマンチシズムともいうべき名曲『西陽』がアルバムの最後を飾る。 全編を通じて底辺に流れるブルースのエッセンスに魂を感じずにはいられない21世紀の新たな名盤! 【コメント】 このアルバム全体に漂う空気はブラックミュージックを魂のボトムに宿した音楽家達だけが持つ独特の都市感覚に裏打ちされたパワフルなサウンドと垢抜けたフレーズに彩られている。ヴォーカルの辰三のジェントリーでヴィヴィッドな声色は長いキャリアを感じさせながら、しかもティーン エイジャーの様に若々しく縦横無尽に心地良くトンがっている。ソリッドで在りながらソフトなのは辰三の何者にも縛られず、如何なる時も軽やかに和やかに生きてきた彼の人生そのものを思わせ聴き終えて俺は胸が熱くなった。- 宇崎竜童 - 【プロフィール】 - LOUSY (ラウジィ) - 2002年の夏頃に都内のライブハウスでブルースセッションをきっかけに知り合い、ライブを重ねる内にバンドとして活動するようになる。ライブではブルースのエッセンスを上手く使いながら 渋い大人のロッ クな雰囲気を演出している。バンド名のLOUSYはしらみ等のたかった状態の事、また挨拶言葉としても使われていて、まあまあな状態の事 - 長洲辰三 (ヴォーカル、ギター) - 1952年秋田県生まれ。60年代後半にバンドボーイからキャリアを始め、69年に「カーニバルス」(ジョニ-吉長、ラッキー川崎、蜂谷ヨシヒロ等)に加入その後様々なバンドで、ギターリスト、ベーシストとして活動し81年には宇崎竜童ソロアルバム『ブロッサム35』にベーシストとして参加。83年にも原田芳雄『oh!yerh!ブルース・パラダイス』にベーシストで参加。86年にはMoony等と『ムーニーゴーラウンド』を結成。87年には内海利勝、永本忠、相原誠と「MIRROR」を結成。このバンドではギタリスト。90年代の後半からギター、ヴォーカルでの活動が主流になる。近年の活動としては、内海利勝、吉岡貴志、永本忠、万琳はるえを加えたアコースティックバンドPEACH BLUEで、2枚のアルバムをリリース。 【収録内容】 01. 無風地帯 02. You're Only One 03. Summer Rain 04. 街はずぶぬれ 05. CHAD 06. 今夜はYeah! 07. Road To Nowhere 08. 夢に見る旅 -How Long- 09. 西陽 【リンク】 http://www.artistboxx.com/tatsumi/

  • ¥ 2,750
  • 【商品内容】 キャロルの内海利勝やLOUSYの長洲辰三、Sooo Baad Revueの永本忠が参加するPeach Blueのセカンドアルバム。万琳はるえのヴォーカルはさらに伸びやかに、大空を舞うように駆け巡ります。 やさしい魂の音楽 ドアを開けて気にいった席を見つける。今回のアルバムはそんな物語から始まります。 本来の自分とは?カフェの存在とは?というミスターXが呼びかけます。 やさしい魂の音色と歌声を最後までごゆっくりとお楽しみください。 【プロフィール】 - 万琳はるえ - 18歳の時に寺山修司氏と出会い、21歳で氏の演出によるソロ コンサートを開催。ファーストアルバム『airplane』をリリース後、キャロルのギタリストの内海利勝等とPEACH BLUEを結成。アコースティック楽器の響きがつくり出す空間に透明感溢れる歌声でシックな大人のポップス を聞かせる。PEACH BLUEとしては『Road to Nowhere』、『CAFE』をリリース。ピアニストのヤンシーとのユニット Malin Harue+Yancyとして『Apartment』をリリース。 - 内海利勝 (ギター) - 72年キャロルのギタリストとして鮮烈なデビューを飾り、矢沢永吉、ジョニー大倉等と共に一時代を築いたのち75年に惜しまれつつも解散。日 本のロック史に残る名盤として5枚のアルバムを発表。その後、楽曲提供やバンド、ソロ活動、様々なアー ティストとのライブをこなしていく。 98年には妹尾隆一郎、西浜哲男らとBLUES FILE NO.1を結成。このバンドはマンガ家山本おさむ氏の作品「ヘイ! ブルースマン!」(モーニング)のモデルバンドとしても知られ人気を集める。03年ソロ・マキシシングル「街」、04年にはフルア ルバム「LOVE&PEACE」を発表。また「街」をモチーフにしたショートムービーを映画美術の巨匠、木村威夫氏が手がけており、同氏の最新映画「馬頭琴夜想曲」との同時上映が決定、2007年7月21日よりイメージフォーラムにて上映される。 - 長洲辰三 (ギター) - 1952年秋田県生まれ。60年代後半にバンドボーイからキャリアを始め、69年に「カーニバルス」 (ジョニ-吉長、ラッキー川崎、蜂谷ヨシヒロ等)に加入、その後様々なバンドでギターリスト、ベーシストとして活動 し81年には宇崎竜童ソロアルバム『ブロッサム35』にベーシストとして参加。83年にも原田芳雄『oh!yerh!ブルース・パラダイス』にベーシストで参加。86年にはMoony等と『ムーニーゴーラウンド』を結成。87年には内海利勝、永本忠、相原誠と「MIRROR」を結成。このバンドではギタリスト。90年代の後半からギターヴォーカルでの活動が主流になる。近年の活動としては内海利勝、吉岡貴志、永本忠、万琳はるえを加えたアコースティックバンドPEACH BLUEで、2枚のアルバムをリリース。 - 永本忠 (ベース) - 高校時代にロックバンドを友人と結成、ベースを始めるSooo Baad Revueを結成、二枚のアルバムを制作。ジョー山中のマキシシングル制作。2001年、Harue Malin&Peach Blueの二枚目のアルバムを制作。その他レコーディング、ライブ等ジャンルにとらわれず幅広く活動中。 - 吉岡貴志 (パーカッション) - 【収録内容】 01. Heaven 02. プロローグ 03. Open The Door 04. cafe 05. My Birthday 06. Road to Nowhere (Japanese) 07. ナイフ&フォーク 08. 細い雨 09. Zucker 10. Road to Nowhere (English)

  • ¥ 3,080
  • 【商品内容】 -ワインがおいしい- 天才歌人・文学者として知られ、アングラ芸術にも活動歴を残す寺山修司氏の元でデビュー予定だった万琳はるえがヴォーカルのPeach Blue。まさに『書を捨てよ、旅に出よう!』なナイス一枚! のびやかな歌声で、幅のある歌い方を演出できる万琳はるえは、故・寺山修司氏おり紙付のヴォーカリスト。 前作 'Airplane' ではその技量を活かし歌い方にも楽曲ごとの変化があったが、2作目となる'Road to nowhere' は全体が大人のアコースティックに仕上がっている。前作と同タイトル曲 'Airplane' はアコースティックにアレンジされ全く異なる表情をみせている。 しっとりとした曲調にのった優しい声が日々の喧騒に疲れた身体を癒してくれる。 【プロフィール】 - 万琳はるえ - 18歳の時に寺山修司氏と出会い、21歳で氏の演出によるソロコンサートを開催。ファーストアルバム『airplane』をリリース後、キャロルのギタリストの内海利勝等とPEACH BLUEを結成。アコースティック楽器の響きがつくり出す空間に透明感溢れる歌声でシックな大人のポップスを聞かせる。PEACH BLUEとしては『Road to Nowhere』、『CAFE』をリリース。ピアニストのヤンシーとのユニット Malin Harue+Yancyとして『Apartment』をリリース。 - 内海利勝 (ギター) - 72年キャロルのギタリストとして鮮烈なデビューを飾り、矢沢永吉、ジョニー大倉等と共に一時代を築いたのち75年に惜しまれつつも解散。日本のロック史に残る名盤として5枚のアルバムを発表。その後、楽曲提供やバンド、ソロ活動、様々なアー ティストとのライブをこなしていく。98年には妹尾隆一郎、西浜哲男らとBLUES FILE NO.1を結成。このバンドはマンガ家山本おさむ氏の作品「ヘイ! ブルースマン!」(モーニング)のモデルバンドとしても知られ人気を集める。03年ソロ・マキシシングル「街」、04年にはフルアルバム「LOVE&PEACE」を発表。また「街」をモチーフにしたショートムービーを映画美術の巨匠、木村威夫氏が手がけており、同氏の最新映画「馬頭琴夜想曲」との同時上映が決定、2007年7月21日よりイメージフォーラムにて上映される。 - 長洲辰三 (ギター) - 1952年秋田県生まれ。60年代後半にバンドボーイからキャリアを始め、69年に「カーニバルス」(ジョニ-吉長、ラッキー川崎、蜂谷ヨシヒロ等)に加入、その後様々なバンドでギターリスト、ベーシストとして活動 し81年には宇崎竜童ソロアルバム『ブロッサム35』にベーシストとして参加。83年にも原田芳雄『oh!yerh!ブルース・パラダイス』にベーシストで参加。86年にはMoony等と『ムーニーゴーラウンド』を結成。87年には内海利勝、永本忠、相原誠と「MIRROR」を結成。このバンドではギタリスト。90年代の後半からギターヴォーカルでの活動が主流になる。近年の活動としては内海利勝、吉岡貴志、永本忠、万琳はるえを加えたアコースティックバンドPEACH BLUEで、2枚のアルバムをリリース。 - 永本忠 (ベース) - 高校時代にロックバンドを友人と結成、ベースを始めるSooo Baad Revueを結成、二枚のアルバムを制作。ジョー山中のマキシシングル制作。2001年、Harue Malin&Peach Blueの二枚目のアルバムを制作。その他レコーディング、ライブ等ジャンルにとらわれず幅広く活動中。 - 吉岡貴志 (パーカッション) - 【収録内容】 01. On the Road 02. Road to Nowhere I 03. Road to Nowhere II 04. Wind 05. Barny & Volvo 06. Little Planet 07. the Milky Way 08. Night Call 09. Airplane